肥土伊知郎(あくといちろう)氏との再会

イチローズモルトとの出会い

前職でウイスキーメーカーに勤務していた私は、1995年頃より地方都市である岐阜で「シングルモルトウイスキーを広めていきたい」と思うようになりました。しかし、多くの飲食店様で、「そんなややこしいものはいらない」と拒絶される日々が続きました。価値を伝えきれない自分の非力さを痛感し、2000年には、シングルモルトの販売を縮小しました。

 

しかし、2004年に「もう一度がんばってみよう」と思う出来事がありました。日経新聞の片隅で、「(前職で同期入社の)肥土伊知郎(あくといちろう)氏が自らのウイスキーの販売を始めた」、との小さな記事が目に飛び込んだのです。

イチローズモルトとの出会い


Malt Dreamの1分間CM『Malt Dream ~世界一小さな蒸留所が出来るまで~』


無名時代から飛躍へ

イチローズモルト、無名時代から飛躍へ

今や、肥土伊知郎氏は「飛ぶ鳥を落とす勢い」のイチローズモルトの生産者です。しかし当時は、まだまだ「ウイスキー消費のどん底時代」が続いていました。イチロー氏のウイスキーは無名な上に、あまりに個性的であったため、簡単には売れませんでした。

その後の詳しい経緯は、こちらをご参照下さい。https://item.rakuten.co.jp/auc-claude/c/0000000186/

 

多くの方にイチローズモルトの存在を知ってもらうため、イチロー氏本人や蒸留所のスタッフ、そして我々販売代理店も主張を続けました。最も強力だったのは初期のイチローズモルトファンの愛好家や関東一円のバーテンダーの方々でした。やがて、多くのメディアも取り上げて下さり、世界的な賞の受賞も続き、そのブランドは輝きを増しました。



末永く愛飲されるウイスキーを目指して

しかし生産量の少なさゆえに、イチローズモルトは「欲しくても手に入らない代物」と化し、多くの方が元値よりかなり高価な「転売ルートでしか入手出来ない」という危機的な状態が続いております。過去の事例を紐解けば、この状態が数年続くと一部の定価購入者以外の愛好家(ファン)は嫌気が差し、やがてアンチ化するケースも見られます。これはたいへん悲しいことです。

 

日曜も休まず懸命に生産を続けるスタッフの顔を思い浮かべると、我々販売店の責任の重さを感じる日々です。私たちは今後も、愛好家の皆様やビギナーの方と、イチローズモルトの世界観をシェアし、末永くご愛飲いただけるための環境づくりを続けて参ります

末永く愛飲されるウイスキーを目指して


その他おススメブランド

マルス(信州蒸留所/津貫蒸留所)

マルス(信州蒸留所/津貫蒸留所)

アッケシ(北海道 厚岸蒸溜所)

アッケシ(北海道 厚岸蒸溜所)


当店にお越しに際は、事前にご予約・お問合せいただくことをおすすめします。

下記電話番号もしくはお問合せフォームよりご連絡ください。

 

TEL/058-252-1371(9:00~16:00)、058-252-5410(16:00~20:00)

ご予約・お問合せ
テイスティング(試飲)