ジャパニーズウイスキーへの思い

今や世界中でウイスキーが生産されています。その中でも、近年ジャパニーズウイスキーの評価が高まっています。ではなぜ世界の人々は、日本のウイスキーに惹かれるのでしょうか?それは、鼻腔から脳に忍び寄る官能的な香りと、舌に広がるまろやかな味わい、さらに長く喉を彷徨う余韻を飲み手がより強く感じているからではないかと想っています。また、我々日本人には計り知れないエキゾチック感にワクワクしているようです。

 

そこには日本の四季が織り成す風土(テロワール)から授かったエッセンスが凝縮されています。特徴的なのは、他国よりも際立った寒暖差による劇的な熟成感です。狭い国土にもかかわらず、九州、関東、北海道などで顕著な気候の違いがあります。同時にそれぞれの地域でジェットコースターさながらの寒暖差があるのです。それがウイスキーの熟成に多大なる影響を与えてくれるのです。一時期はNAS(年数非表示)ウイスキーに対する落胆が広がりましたが、ジャパニーズウイスキーは若くてもなめらかで、かつ非常に複雑な風味を感じ取るとこができます。それが愛好家達に大きな満足を与えています。

 

また、徹底的な品質管理や、伝統を踏襲しつつも、常に試行錯誤を重ねていく不易流行の精神が息づいています。まさにジャパニーズウイスキーは日本の職人が表現するウイスキーアートの進化系であると言えそうです。そんな至極の飲み物を一人でも多くの方々に伝えていきたいと考えています。

 

オーナー店主 井上祐伺(いのうえゆうじ)

オーナー店主 井上祐伺(いのうえゆうじ)


ジャパニーズウィスキーの定義

ジャパニーズウィスキーの定義・取り扱い基準

現在わが国において、法律上(酒税法上)のジャパニーズウイスキーの定義は存在しません。また、酒税法上のウイスキーの定義もたいへん大雑把で、欧米に見られるような原料、製造方法等による細かな規定(レギュレーション)も存在しません。

 

当店では、『ジャパニーズクラフトウイスキー』というジャンル名を店名に付記しておりますので、下記の通り「ポリシーとしての取扱い商品基準」を設けさせていただきました。


当店での取り扱い基準

  • 「酒税法上のウイスキーの定義(発芽させた穀類、水を原料として糖化させて発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの)を満たし、木樽で熟成させた国産ウイスキー原酒及び輸入ウイスキー原酒を原料とし、国内で瓶詰めされたもの」をジャパニーズウイスキーとする。
  • 輸入ウイスキー原酒(バルクウイスキー)100%を国内で瓶詰めしたものは、ジャパニーズウイスキーとみなさない。
  • 大手メーカーが所有する大規模蒸留所ではなく、小規模(特に基準は無し)の蒸留所をクラフトディスティラリーと呼ぶこととする。

ジャパニーズウイスキー取り扱いアイテム
ジャパニーズウイスキーの試飲(テイスティング)


当店にお越しに際は、事前にご予約・お問合せいただくことをおすすめします。

下記電話番号もしくはお問合せフォームよりご連絡ください。

 

TEL/058-252-1371(9:00~16:00)、058-252-5410(16:00~20:00)

ご予約・お問合せ